« ◆八景島の紫陽花 ②◆ | トップページ | ◆暫し日本を離れて ⑪◆ ノートルダム大聖堂・オペラ座 »

2015年6月29日 (月)

◆暫し日本を離れて ⑩◆ ルーヴル美術館・セーヌ川クルーズ

Pictdsc02335_2

セーヌ川クルーズ船から見上げるエッフェル塔











6/3

ルーヴル美術館の見学は最後まで団体行動。日本人ガイドから十メートルも離れないように歩いて廻る。あんなに大きな美術館をわずか1時間半だけ見て回るのだから、自由に見ていたら迷子になってしまうね。どんな作品を解説して見ていくのかは、ガイドの好みやその場の混雑具合でも違ってくるのかも~~でも、日本人観光客に外せないのは、ドゥノン翼2階でしょう~

ミロのビーナス、サモトラケのニケ、モナリザなど、私でも知っているような有名な作品が並ぶ。

Dsc02246_400_x_400  1755_400_x_400

ルーヴル美術館ではフラッシュは×だが、基本、カメラ撮影はOK。初めは絵画も撮っていたが、途中からばからしくなって止めた。美術全集などを開けばきれいな写真がいくらでも出てくるからね。彫刻は撮る角度によって違いがあるのでいくつか撮ってみた。ところで、ガイドさんが説明する絵画はほとんどが宗教画だった。とても有名な絵だと思うが、絵画の教養などない自分には、初めて見るものばかりで、あまり興味がもてなかった。





展示された絵画より自分の目を引いたのは、天井画やその装飾。それは、1200年のルーヴル宮殿建設から、美術館となるまでの歴史を感じさせる。絵画や彫刻作品は海を渡って見る機会もあるが、こればかりはここでしか見られない。いくつか印象的なものを~~。

1761_400_x_400 1746_400_x_400






1748_400_x_400 1797_400_x_400









この重厚感!やっぱり本物だ~~

Pictdscf4928












ピラミッドの下から~~

Pict1726

ルーヴル美術館の見学はあっという間に終わってしまった。あまり美術鑑賞に縁のない自分にとっては、それで十分だったが、オプショナルコースで半日や1日の見学をする人も多いのだろうね~~。








この日の昼食は、ルーヴルに近い”L'OSKIAN”という店で~。

Dscf4948_400_x_400 Dsc02297_400_x_400

ピザの専門店だったが、メニューはエスカルゴやハンバーグだった。美味しかったけれど、ピザとビールでもよかったな~~。旅行前よりウェストが2cm増えている。

食後に、マイバスでホテルへ戻り、その後は自由行動に。手荷物はできるだけ少なくして、身軽な服装で出かける。ツアコンやガイドの話で何度も繰り返していたのは、スリや置き引きに気をつけること。「地下鉄はスリが多い、話しかけてくる三人組には気をつけろ。」などなど…。こんな事ばかり聞いていると、パリは危険な街だというイメージが~~。でも、確かに、観光客と分かる身なりでウロウロしてたり、ぼんやりしている日本人は狙われるよね。こんな時、ちょっとサングラスの中から睨みを効かせて歩いていく。



バスから見えたオペラ・ガルニエの正面

Pictdscf4964

オペラ座の近くでタクシーを探したが見つからず、歩いている内にマドレーヌ寺院まで来ていた。パリ中心街では、手を挙げて流しのタクシーを止めることはほとんどできない。タクシー乗り場で待つしかない。








マドレーヌ寺院も見学したかったのだが、タクシーに乗れたので最初の目的地エッフェル塔へ向かってもらう。

Pictdscf4985







エッフェル塔のすぐ前にセーヌ川クルーズの船乗り場がある。チケットを2枚買って満席になった船に乗る。このクルーズは下の図の赤い線で書かれたコース。

Pict2








出発してまもなく、アレクサンドル3世橋が見えてきた。

Dscf5015_400_x_400 Dscf5019_400_x_400










セーヌ川から見るオルセー美術館

Pictdscf5028











川岸にはいくつも客船が~  ディナー付きのナイトクルーズ船だろうか~?

Pictdscf5042












シテ島を南北に挟むポンヌフ橋。ポンヌフ(Pont Neuf)は”新しい橋”の意味だが、実は名前とは反対に、現存する最古の橋である。

Pictdscf5047

400年間、一度も壊れたり、建て替えられたりしたことがなく、フランス語では”ポンヌフのように頑丈”という表現があるそうだ。










船から見えてきた~  ノートルダム寺院のバラ窓

Pictdscf5062












セーヌ川の中州シテ島とサンルイ島のすぐ横を船は進んでいく。

Pictdscf5068













後ろに見えているのはノートルダム寺院(裏側)、手前の橋はシュリー橋、その後ろに少しだけ重なって見えるのはトゥールネル橋。

Pictdscf5070

この先で船は旋回し、エッフェル塔の乗り場へと戻っていく。











セーヌ川右岸とサンルイ島を結ぶルイ・フィリップ橋。川面に吹く風が心地よい。

Pictdscf5076









川岸に係留された船

Pictdscf5093

船で生活をしたり、旅をしたりする人もいるんだろうね~~











船着き場に到着。青空の中にエッフェル塔が~  天気に恵まれているな~~

Pictdscf5115

この後、ノートルダム寺院へ移動する。

続きは ◆暫し日本を離れて ⑪◆ で。









|

« ◆八景島の紫陽花 ②◆ | トップページ | ◆暫し日本を離れて ⑪◆ ノートルダム大聖堂・オペラ座 »

海外旅行」カテゴリの記事

パリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆八景島の紫陽花 ②◆ | トップページ | ◆暫し日本を離れて ⑪◆ ノートルダム大聖堂・オペラ座 »