« ◆暫し日本を離れて ⑩◆ ルーヴル美術館・セーヌ川クルーズ | トップページ | ◆暫し日本を離れて ⑫◆ ベルサイユ宮殿 »

2015年7月 1日 (水)

◆暫し日本を離れて ⑪◆ ノートルダム大聖堂・オペラ座

Pictdscf5149

シテ島にあるノートルダム大聖堂へ~~










6/3

セーヌ川クルーズを楽しんだ後は、エッフェル塔近くの公園でひと休み。エッフェル塔を真下から見上げる。大きなテニスボールが全仏オープンを祝って飾られている。

Pictdscf5130









シャン・ド・マルス(公園)の方から見るエッフェル塔

Pictdscf5131

エッフェル塔の脚の間にシャイヨー宮が見えている。エッフェル塔はシャン・ド・マルスの方から撮ると緑の芝生や公園の噴水が入ってきれいだが、この日はイベントのテントが張られていたので、塔に近いところから撮影。この辺りは観光客がとても多くて、それを狙ったスリや置き引きも多い。キーホルダー?みたいな物をジャラジャラ付けて売りに来たり、いかにも怪しい2,3人組の男女などがウロウロしていた。バイクに乗った警官も見回っていたが、幸い、変なやつが近づいてくることもなかった。サングラスで睨みを効かせていた効果~?、もともと人相悪からな~?それとも、よっぽど貧乏に見えたのかも~~!



タクシーに乗ってノートルダム大聖堂へ向かう。運転手さんは”Notre Dame  Please”で分かってくれた。ノートルダムと言えば、パリの大聖堂があまりにも有名だから、外国人の観光客が乗れば当然、大聖堂へ向かってくれる。でも、フランス語で”Notre Dame”は”「私達の貴婦人」=「聖母マリア」”という意味で、パリにはNotre Dameの名前が付く寺院や地名がほかにもある。フランス語はまったく分からないので、間違いなく到着してよかった~。

正門から見る大聖堂

Pictdscf5135

正門の入口は三つあり、向かって右側が「聖アンナの門」(一般参拝者の入口)、中央が「最後の審判の門」(普段は閉じられている)、左側が「聖マリアの門」(出口)となっている。





12世紀ゴシック建築の最高峰いわれる大聖堂は、どこを見ても荘厳で、細部にまで美しい装飾が施されている。

Pictdscf5146






Pictdscf5154

クルーズ船から見たバラ窓が間近に~~








大聖堂の中へ~~

Pictdsc02357









窓には美しいステンドグラスが~

Dsc02353_400_x_400 Dsc02354_400_x_400

歩き回って、相方の足がかなり疲れてきた様子、無理をせずタクシーで早めにホテルへ戻ることに~~。

ホテルの部屋でしばらく足を休めた後、オペラ座界隈の散策に出かける。午後6時のパリの街はまだ昼間の明るさ。下調べばっちりの相方は、化粧品店からスーパーまで、この周辺の店をよく知っていた。

ウェストミンスターホテルの螺旋階段。

Pictdscf4968

自分は古いエレベーターより、こちらの階段を使うことが多かった~~








夕食はツアコンのMさんに近くのレストランへ連れて行ってもらう。”Leon”レオンというベルギー系のチェーン店だった。オススメの一品ということで~~鍋一杯に入った塩ゆでのムール貝!

Dsc02367_400_x_400 Dsc02370_400_x_400

もう一品は海老にしたが、両方とも新鮮で美味。ビールもすすむ~~!







レストランからの帰りに夜のオペラ座とホテルの入口を~

Dscf5164_400_x_400 Dscf5182_400_x_400

ウェストミンスターホテルには二連泊。明日(6/4)は、旅行の最終日で午前中にベルサイユ宮殿を見学することになっている。午後は空港へ出発するまで、パリで自由行動になっているが、オペラ座の見学をしたいと思っていた。日程の順番とは違うが、オペラ座見学の記事をこの後、引き続き~~。








6/4

パリで最後の見学はオペラ座にした。ホテルのすぐ近くにあって、二日間、何度も見ていたオペラ座だったが、これから内部の様子を観てくることに~~。便利なことに、チケットはカードで購入できる。

~パリ・オペラ座 建築家シャルル・ガルニエによって設計され、1875年に完成したオペラとバレエのための大劇場。小説「オペラ座の怪人」の舞台になっているが、いくつかの史実をもとに、物語が作られている。~

1階の薄暗いフロアから階段へ出る。怪人が住むという地下への階段は見つからなかったが、その天井の装飾は少し不気味~。    階段を上がると明るい2階の大階段へ~。

Dscf5460_400_x_400 Dscf5465_400_x_400








大階段は上がったところで、左右に分かれる~~

Pictdscf5474

大理石などの石で造られた重厚な柱や階段。舞台や映画の一場面に立っているような気分に~

Stranger in Paradise の音楽と映像が頭に浮かんだ。






階段を昇りきって3階へ、バルコニーのように突き出た場所から周りをすべて見渡すことができる。

Dscf5495_400_x_400 Dscf5520_400_x_400_2

 







ホールの天井や柱の装飾

Pictdscf5493








客席と舞台の方へ~~

赤と金で統一された豪華な客席

Pictdscf5506









シャガールの天井画とシャンデリア

Pictdscf5500

色彩豊かな絵が会場全体を明るく華やかにしている。









ステージではリハーサルかな?         ボックス席の豪華な装飾

Dscf5498_400_x_400 Dscf5509_400_x_400









大ホワイエの豪華絢爛な装飾

Dscf5530_400_x_400 Dscf5551_400_x_400











幕間にはドレスアップしたお客がここでシャンパンを酌み交わす。

Pictdscf5531

テーブルのセッティングが始まっていた。










劇場内の見学を終えて外へ出た時、振り返ったオペラ座の屋根の上に人影を発見!

Dscf5588_400_x_400 Dscf5591_400_x_400

CanonのCMで妻夫木聡がやっていたね~    こんなツアーがあるのかな…??それとも真似したCM撮影…?



さて、次回は、いよいよ最終日のベルサイユ宮殿を中心に~~

◆暫し日本を離れて ⑫◆  へ続く。









|

« ◆暫し日本を離れて ⑩◆ ルーヴル美術館・セーヌ川クルーズ | トップページ | ◆暫し日本を離れて ⑫◆ ベルサイユ宮殿 »

海外旅行」カテゴリの記事

パリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆暫し日本を離れて ⑩◆ ルーヴル美術館・セーヌ川クルーズ | トップページ | ◆暫し日本を離れて ⑫◆ ベルサイユ宮殿 »