« ◆花菖蒲 横須賀しょうぶ園 2016◆ | トップページ | ◆初夏のオーストリア  世界遺産を巡る旅◆ ザルツブルグ ② »

2016年7月 3日 (日)

◆初夏のオーストリア  世界遺産を巡る旅◆ ザルツブルグ ①

Dscf0143_600_x_600_2

子供たちが鈴なりになって~   ミラベル公園で

 

 

 

 

 

昨年の5月に行ったヨーロッパ旅行(ドイツ~スイス~フランス)がとても楽しかったので、今年もJMBのオーストリアツアーに参加することにした。今回の旅は移動日も含めて10日間、オーストリアの世界遺産を巡る旅である。昨年は天気にも恵まれ、初めて目にした西洋の古城や教会のすばらしさが今も心に残っている。

「オーストリア」という国で浮かんでくるイメージは”音楽の都ウィーン”や、”サウンドオブミュージックから50年”、あとは、・・・アルプスも見える~??  海外の観光地については、TVやPCでたまに見ているだけのジジイは、今回もほとんど予習なし。周到な準備をしてきた相方に付き添っていく旅となったが~~(^-^;

 

 

 

 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

 

 

6/21   (成田は小雨)    

大船発6:38の成田エクスプレスに乗車。およそ二時間で成田空港に到着。搭乗する飛行機も昨年と同じで11:25発フランクフルト行きだ。今回も往きはプレエコノミー席にしたので、サクララウンジで朝食と休憩をとることに~。ビールは控えめに、一杯だけにしておいた。

機体は4月から就航した最新機に代わっていた。

Dsc03210  Dsc03282

 

 

 

 

ほぼ定刻に飛び立った飛行機は、およそ6時間後にはシベリアの上空にいた。主翼のすぐ後ろの席だったが、そこから真下に見える風景は実に不思議なものだった。

Dsc03257 Dsc03264

左が蛇行する川のような流れ。右はズームアップしてその一部を写したもの。

川なのか湖なのか?  緑の部分は陸地なのか、それとも、大量の水草が浮いているのか? でも、、そこに道路が走っているようだが、、、?  シベリア謎の大地は10分ほどで見えなくなった。

 

 

 

飛行機はほとんど揺れることもなく、順調に飛行して予定時刻より少しだけ早くフランクフルトに到着した。ここでザルツブルグへ向かう飛行機に乗り継ぐが、出発まで4時間ほど待つので、空港内で食事や買い物を~~。

フランクフルト空港はルフトハンザ・ドイツ航空が拠点としているハブ空港。そこら中に黄色にツルマークの飛行機ばかり。

Dsc03286 Dsc03285

JALの機内食をいろいろ食べていたので、食事の代わりにお茶とケーキを~。イチゴケーキは4€、ホットコーヒーは5€。日本の値段で考えれば逆かな、、?  飲み物は持ち込みがイイネ~。

21:10発のオーストリア航空機でザルツブルグへ出発。1時間ほどで到着後、専用バスでホテル(シェラトン・ザルツブルグ)へ~~。前日の朝5時に起きてから、24時間以上も、ゆっくり寝ていないので、とにかく眠い~~!  Zzzz・・・。o○

 

 

 

 

6/22    

ぐっすり眠ったようだが、朝5時に目が覚めた。少し時差ボケかな~~(´~`)。朝食前に相方と二人で、ホテルの近くへ散歩に出かける。

ホテルから歩いて5分ほどで、ミラベル宮殿へ~  そして、まだ人影も見えない早朝の庭園に~

Dsc03289 Dsc03290

ミラベルとは、「美しい眺め」という意味で、庭園からは、丘の上のホーエンザルツブルグ城塞や大きな教会を見渡すことができる。

 

 

 

SOM(映画サウンドオブミュージック)で登場したペガサスの泉も静かな朝を迎えている~

Dsc03293 Dsc03305

 

 

 

 

昼間は観光客で混雑する場所だが、独占中継できるね~~

そこで、ちょっと動画も~

 

 

 

 

6:30  ホテルで朝食。シェラトン・ザルツブルグはミラベル公園に隣接し、大きな樹木に囲まれていた。

Dsc03331 Dsc03333

いろんなチーズがあって、食べ過ぎますね~~。このホテルには二連泊になるが快適~!

 

 

 

 

 

9:00  さて、いよいよザルツブルグの世界遺産巡りに出かける。今回のツアーに参加しているのは、自分たち二人のほかに夫婦3組で合計8名と添乗員1名である。どの方も時間通りに行動されて、スムーズに予定が進んでいた。自分が一番遅くなりそうなので気を付けないと~~(^-^;

昼食まではホテルから徒歩で見て回り、午後は自由行動になる。まず、初めに向かったのは早朝にも訪れたミラベル宮殿とその庭園だ。

Dscf0176_600_x_600

青空も出て少し暑くなってきた。 まだ9時半だが、たくさんの人が~

 

 

 

 

 

こちらは早朝に撮ったもので~

Dscf00172_600_x_600

怪しい帽子をかぶって「ドレミの歌」を口ずさむ 

 

 

 

 

 

宮殿の入り口には、今夜行われるコンサートの案内が~~

Dsc03318 Dsc03327

今夜8時からのチケットを予約済み、、楽しみじゃ~~( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

さて、ツアー一行はザルツァハ川を渡り、旧市街地へ向かう。歩行者専用のマカルト橋の袂には指揮者カラヤンの生家があり、ブロンズ像が建てられていた。

Dscf0186 Dscf0183

 

 

 

 

 

川を渡り、狭い路地を進むと、旧市街で最もにぎわう通りゲトライデガッセへ出る。狭い通りの両側には商店が立ち並び、その軒先には、装飾された鉄細工の看板が掲げられている。

Dscf0353 Dscf0210

マークだけ替えるといろんな店が使えるみたい。(右)   昨年はドイツのローテンブルグでたくさん見かけたな~。

 

 

 

 

 

ゲトライデガッセにあるモーツァルトの生家。(黄色の壁の家)

Dsc03308 Dscf0245

残念ながら館内は撮影禁止になっている。モーツァルトの遺品や当時使っていた家具などいろいろと展示されていた。  モーツァルトの関連サイト→mozarteum

 

 

 

 

ゲトライデガッセから通り抜け道(パッサージュ)を歩いて、丘の方へ進むと、祝祭劇場(フェルゼンライトシューレ)が見えてくる。

Dsc03344 Dsc03346

ザルツブルグ音楽祭や様々なコンサートが行われる。この劇場の端に昔の劇場の写真が飾られている。映画SOMで音楽祭の舞台となった場所である。

 

 

 

 

当時のまま残されている劇場の石段。

Dscf0263_600_x_600

 

 

 

 

 

 

いよいよ大聖堂が見えてきたと思っていたら、その先の広場に意味不明の大きな置物が~~

Dscf0290 Dscf0292

城塞を見上げるように立つこの置物は何? 金玉に立つ男は何者?

いまだに意味不明です。

 

 

 

 

 

ザルツブルグの大聖堂へ入る。ここは774年に創建され、17世紀にバロック様式で建てかえられている。モーツァルトもここで洗礼を受け、オルガン奏者を務めている。

丸天井の装飾と降り注ぐ光。

Dscf0299_600_x_600

 

 

 

 

 

やっぱりヨーロッパの教会は壮大~~

Dscf0307 Dscf0315

 

 

 

 

 

 

レジデンツ広場の大噴水

Dscf0329_600_x_600

この噴水も映画SOMの背景として登場する。

 

 

 

ツアー一行の見学はここまで。この後、昼食をとって自由行動の見学に~~

続きは ”ザルツブルグ ②”で~~。   




 


 





|

« ◆花菖蒲 横須賀しょうぶ園 2016◆ | トップページ | ◆初夏のオーストリア  世界遺産を巡る旅◆ ザルツブルグ ② »

オーストリア」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆花菖蒲 横須賀しょうぶ園 2016◆ | トップページ | ◆初夏のオーストリア  世界遺産を巡る旅◆ ザルツブルグ ② »