« ◆ハワイアンズ一泊旅行◆ ① | トップページ | ◆高野山・熊野三山巡り◆ ① »

2016年10月28日 (金)

◆ハワイアンズ一泊旅行◆ ②

Dscf0160_600_x_600

紅葉が始まったばかりの毘沙門沼と裏磐梯

 

 

 

 

 

10/14     sun

前日の天気予報通り~~空は快晴に~~

ハワイアンズのプール棟と青空

Dscf0119_600_x_600

 

 

朝食の前にルームキーをフロントに返し、荷物を預けたうえで食堂へ~~。夕食と同じ場所でバイキングだったが、ネットでの定評通り、味もよく、和洋のおかずの種類がとても多かった。でも、二日目の観光バスの出発が7時40分だったため、ゆっくり食べている余裕はなく、食事を済ませたら急いでバスに乗り込んだ。

7:50     一組の乗客が遅れてきたため、10分遅れて出発。バスは常磐・磐越自動車道を経由して、猪苗代磐梯高原へ向かう。

 

 

1時間ほど走ったところで、トイレ休憩に~。

Dscf0140 Dscf0159

PAには、三春駒のモニュメント(左)    稲刈りが終わった田んぼの向こうに会津磐梯山が~(右)

 

 

 

9:30    五色沼湖沼群の一つ毘沙門沼に到着。

1888年(明治21年)、磐梯山で大きな水蒸気爆発が起こり、山体が崩壊して、周辺の集落が埋没するなど大災害が発生した。その噴火活動で発生した大量の土砂が川の流れを堰き止め、山麓一帯に多くの湖沼群をつくり出した。五色沼もその仲間で、今では裏磐梯の人気の観光スポットになっている。

ずいぶんと昔のことだが、初めて五色沼を訪れた時には、約4キロほどの探勝路を歩いて、湖水の色の違いを確かめながら沼巡りをしたことがあった。でも、今回は時間の都合上、毘沙門沼だけを歩くことになった。

山の北側(裏磐梯)が丸く抉られたように崩壊した磐梯山。

Dscf0174 Nyaq2

爆発の前には手前の方に、もう一つの峰があったらしい。(右)

水蒸気爆発といえば、二年前、戦後最悪の犠牲者が出た御嶽山の噴火が思い起こされる。マグマが噴き出す噴火に比べて、水蒸気爆発は規模が小さいと思っていたが、山が一つ吹っ飛んでしまうほどの大爆発があるとは、改めて火山の恐ろしさを思い知らされる。1888年の磐梯山噴火でも集落埋没などの被害で477名もの死者が出ている。もし、これが百年以上遅れて現代に起こっていたとすれば、こんな数字では済まない被害になっていただろう。つい最近も、阿蘇山の爆発や、熊本、鳥取などで頻発する地震。火山国、地震国に暮らす日本人には、大災害への備えが本当に大切だね~。

 

 

 

さて、毘沙門沼の周りを散策に~~run

残念ながら紅葉を見るには、少し早かったようで~

Dscf0197 Dscf0180

沼には錦鯉が飼われていた。在来種の魚はいないのだろうか・・・?

こんなに自然豊かな山の中で、錦鯉はちょっと不似合いに思えるが。

 

 

10:20   バスは毘沙門沼を後に、磐梯山ゴールドラインへ~~busdash

バスが山道を登っていくと、車窓からは紅葉した木々が見られるようになったが・・・

紅葉スポットといわれる場所に立ち寄ってみたが、そこから見えるのはわずかに色づき始めた山麓だけ~。おまけに上の方は雲がかかっている~┐(´-`)┌

Dscf0225_600_x_600

それでも、涼風にススキが揺れて爽やか~~happy01

 

 

 

下方を見れば、静かに湖水を湛える猪苗代湖が~。

Dscf0207_600_x_600

 

 

 

 

12:00   リステル猪苗代というホテルで昼食に

ホテルのコスモス畑と磐梯山

Dscf0239_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0241 Dscf0243

 



14:30   観光バスは往きと同じコースを通り、二時間ほどでいわき市へ戻った。途中、いわき湯本にある柏屋製菓店で薄皮饅頭の試食があった。ツアー客はみんな、両手に抱えるほど買っていたが、自分もだんだん餡子を好む歳になってきたので、小さいパックを一つだけ~。

ハワイアンズに到着すると、すでに横浜へ帰る専用バスが待機していた。これから再び4時間ほどバスに乗車することになる。預けていた荷物を受け取り、出発までの時間で硬くなった体をストレッチ。

ハワイアンズに待機している大型バスはこの時間だけでも8台ほど。どれも午前中に、首都圏の各都市からツアー客を乗せて来たバスだ。帰りは前日までの宿泊客を乗せて、Uターンとなる。こうやって毎日、確定した数の客を迎えられるように経営しているんだね。

ズラリと並んだバスの中でも、横浜行きの赤い車体は鮮やかで目立っていた。

Dscf0026_600_x_600

 

 

 

Dscf0027 Dscf0028

このバスは横浜市営バスで、運転手も市営の方だった。座席は新しくゆったりしていて、あまり疲れを感じず、快適なバスの旅ができた。

 

19:00   都内の首都高が混雑していたので、湾岸線を使って横浜駅へ到着。予定より少しだけ遅くなったが、無事に帰ってくることができた。

ハワイアンズ一泊旅行、バスに乗る時間が長くなるが、SAで休憩し、車中はゆっくり休んでいくこともできる。一泊の宿泊代を考えれば、とってもコスパupなツアーだと思う。二日目のオプショナルツアーも、季節や月ごとにいろいろなコースがあるので、今度はまた違う時期を選んで行ってみたいと思う。     pen

 


 

 


|

« ◆ハワイアンズ一泊旅行◆ ① | トップページ | ◆高野山・熊野三山巡り◆ ① »

バスツアー」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

福島県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆ハワイアンズ一泊旅行◆ ① | トップページ | ◆高野山・熊野三山巡り◆ ① »