« ◆高野山・熊野三山巡り◆ ④ | トップページ | ◆鎌倉散策 11月◆ ① 長寿寺・円覚寺  »

2016年11月20日 (日)

◆高野山・熊野三山巡り◆ ⑤

Dscf0850_2_600_x_600_2

瀞峡   和歌山、三重、奈良、三県の県境で~~camera

 

 

 

 

 

11/9   sun

6:30  部屋のカーテンを開けると、目の前には、晴れ渡った青い空と日射しに輝く海が、~~

Dscf0699_2 Dscf0709_2

部屋はこの棟の4階だった。すぐ下が海だから、釣りができる~??

朝食のバイキングもしっかり食べて、ますます、快調~~restaurant

 

 

 

8:00 送迎用の船に乗って、ホテルを後にする。洞窟温泉は本当に気持ち良くて、旅の疲れを癒してくれた。昨夜は三つの風呂で温泉巡りをしたが、できればもう一泊したいところ~

ホテルの桟橋(左)         港の桟橋(右)

Dscf0710_2 Dscf0716_2

港に着いてからは、昨日までと同じ専用バスに乗車。大型バスだったので、座席にゆとりがあって楽だった。

さて、いよいよ、「高野山・熊野三山を巡る旅」も三日目、最終日となった。今日の予定は、①熊野古道(大門坂)→②瀞峡(遊覧船 約1h)→③花の窟神社→④名古屋駅(新幹線)→⑤新横浜駅(解散) となっている。

 

 

バスは15分ほど走って、大門坂の駐車場へ到着。ここでバスを降り、熊野古道のほんの一部分だけを体験歩きする。

Dscf0718_2 Dscf0723_2

駐車場にも八咫烏とサッカーボールの記念碑が立っていた。

 

 

 

 

この鳥居のあたりから古道らしい道が始まる。

Dscf0732_2 Dscf0737_2

杉並木と石段が続くこの古道は、霊場那智山への参道。  入ってすぐのところに樹齢800年の夫婦杉があった。(右)

 

 

 

 

ずっと上まで続いていく石段

Dscf0750_2_600_x_600

この辺りは石畳の道がよく整備されているが、昔はどれほどの道だったのだろうか?  自分たちはバスで何時間もかけて熊野までやってきたわけだが、昔の人々はこんな道を何日も歩いて来たのだ。   強い!  信仰の力は凄いな~。

15分ほど歩いただけで、熊野古道の体験はおしまいに~、たったのこれだけで終わり・・?。でも、これより先まで行っても見える景色は同じかな~。いにしえの旅人たちが行き交う姿を思い浮かべながら、待機していたバスに乗り込む。

 

バスは右手に熊野灘を見ながら北へと走り、三重県の七里御浜にある道の駅に立ち寄った。大きな歩道橋の向こうには熊野灘が広がっている。

Dscf0791_2 Dscf0771_2

 

 

 

 

道の駅屋上からの眺め~

Dscf0797_2 Dscf0798_2

ここで海を見ながら食事もいいが、今日のお昼はバスの中でお弁当になっていた。

 

 

 

 

ここでお弁当だったらいいのに~~

Dscf0773_2_600_x_600

こんな風景、見ているだけでも心身リフレッシュ~~shine

 

 

 

休憩の後、七里御浜を出発したバスは瀞峡を目指して山道を走っていく。

山の中の駐車場、案内所もない河原で観光船が到着するのを待つ。

Dscf0804_2 Dscf0808_2

 

 

 

チャーター船だったので、通常の乗り場ではなかったようだ。

Rosenzu

Map2

 

 

 

 

河原に横付けしたウォータージェット船に乗り、ツアー一行は瀞峡へ~

Dscf0814_2_600_x_600

 

 

 

 

 

ウォータージェット船で見物した瀞峡を動画で~~movie

船を降りて休憩している間、船長さんが写真を撮ってくれたり、5年前の紀伊半島豪雨の様子をいろいろと話してくれた。あの時は、自分もテレビで十津川村の惨状を見ていたが、今日の瀞峡からは想像もできないほどの流れと水量だったんだね~。

船長さんは自分と同じ世代の年齢だったが、仕事や体力づくりの話など、短い時間だったが、すっかり打ち解けて話が弾んだ。  船長さん、これからも安全運転で、楽しい思い出づくりのサポートしてくださいね~!

 

 

瀞峡を出発したバスは、国道42号(熊野街道)を名古屋に向かって走る。途中の熊野市で、花の窟神社(はなのいわや)に立ち寄ったが、大きな白い岩がご神体になっていた。日本書紀にも記されている神社で、神々の母イザナミノミコトが葬られたと言われている。

Dscf0881_2 Dscf0895_2

 

 

 

16:30  熊野街道から高速道路を乗り継いで、バスは順調に走り、名古屋駅に到着。予想以上に順調に行ったので、帰りの新幹線まで3時間ほども待ち時間ができた。去年の香嵐渓バスツアーでは、帰りの新幹線にぎりぎりセーフだったが、これだけ時間があると暇つぶしも大変だ。

19:29  こだま680号に乗車。車内でゆっくり食事をとれたが、やっぱり各駅停車は遅い。

新横浜着は21:58。  ホームでの解散から、さらに1時間かけてようやく帰宅、

疲れた~_ノフ○ グッタリ                    pen

 

 

 

 

|

« ◆高野山・熊野三山巡り◆ ④ | トップページ | ◆鎌倉散策 11月◆ ① 長寿寺・円覚寺  »

世界遺産」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

熊野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆高野山・熊野三山巡り◆ ④ | トップページ | ◆鎌倉散策 11月◆ ① 長寿寺・円覚寺  »