« ◆京都・大津の一泊冬旅◆ ② | トップページ | ◆鎌倉散策  2月◆ 覚園寺・金沢自然公園など »

2017年2月21日 (火)

◆京都・大津の一泊冬旅◆ ③

Dscf0257_3_600_x_600

古い社が連なる日吉大社の境内

 

 

 

 

 

 

2/7    比叡山は snowcloud

13:00    山を下りる。東塔を振り返り、もう一度、合掌。

Dscf0218_2_600_x_600

 

 

 

 

この辺りから眼下には琵琶湖が見られるはずだが~

Dscf0219_2 Dscf0231_2

下りのケーブルカーに乗り、坂本駅へ~~。坂本駅からは5分ほど歩いて日吉大社へ向かう。

 

 

比叡山延暦寺の門前町として栄え、美しい町並みと数多くの史跡が残る坂本。ここには、延暦寺より古く、二千年以上という歴史を持つ日吉大社がある。全国の日吉、日枝、山王神社の総本山であり、古事記の中に記された神様を祀る神社でもある。 

 

13:40  西受付で入苑料(300円)を払い、日吉大社の境内へ~~。

雪が静かに舞い落ちる境内、自分と相方のほかには、誰も参拝者がいないようだ。

初めに渡る橋は大宮橋。

Dscf0238_2_600_x_600

清流の大宮川にかかる石橋。

 

 

 

橋を渡り、緩やかな坂道を進むと「山王鳥居」が建っている。

Dscf0240_2_600_x_600

神仏習合の信仰を表す独特の形をしており、「合掌鳥居」とも呼ばれる。

 

 

 

 

貰ったパンフレットを参考に~

Img_800_x_600

知ったようなふりして説明を書いていたけれど、ほとんどここに書いてあることを写しただけね。大宮橋は①で、山王鳥居が②だね。

③の神猿は猿舎を覗いても姿が見えなかった。寒いので奥の方で休んでいたのかも~。ここはパスして通過。

 

 

初めに西本宮から参拝する。

西本宮楼門④

Dscf0246_2_600_x_600

パンフでは字が小さいので、書き写す。

楼門の軒下、4隅に注目!木造のお猿さんが楼門を守ってくれている。

 

 

屋根を支えてくれている「棟持ち猿」

Dscf0248_21 Dscf0252_21

小さく、可愛い木造の猿が、こっちを見下ろしている。

 

 

楼門を入ると西本宮の拝殿と本殿が~

国宝の西本宮本殿

Dscf0255_2_600_x_600

現在、改修工事のため、立ち入りはここまで~

 

 

 

西本宮に続いて、宇佐宮と白山宮の社が連なる。

Dscf0261_2 Dscf0263_2

 

 

 

 

東本宮へ向かう。⑧

東本宮は、古代から比叡山の地主神であった大山咋神(おおやまくいのかみ)を祀る神社。

Dscf0265_2_600_x_600

樹下宮(左側の社)は大山咋神の后神を祀っている。

 

 

 

その奥にあるのが東本宮本殿(国宝)

Dscf0268_2_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0274_2_600_x_600

両本宮本殿は日吉造り(ひえづくり)という独特の建築様式になっている。

 

 

 

 

最後は東本宮の楼門から外へ~~

Dscf0278_2_600_x_600

 

 

 

比叡山の麓にある日吉大社は、古木を擁する深い森に囲まれている。そして、雪が舞い落ちる静かな境内に入れば、神聖な雰囲気が漂っていた。秋には紅葉の名所として知られているが、真冬のこの時期に雪景色の境内を巡拝していくのも、厳かで凛とした趣があった。

 

 

 

日吉大社を出て、石垣沿いの道を歩く。道路の中央に車道があり桜並木が続く。京阪坂本駅までのこの通りは日吉馬場(ひよしのばんば)と呼ばれている。

Dscf0285_2 Dscf0291_2

「穴太(あのう)衆積み」と呼ばれる石垣が続き、美しい町並みを造っている。

 

 

 

 

石垣の間には「里坊」の立派な門と前庭が~

Dscf0283_2 Dscf0284_2

 

 

Dscf0287_2 Dscf0288_2

「里坊」とは~下手な説明になるより、こちらを参考に~→坂本サンポ「里坊のある門前町」


 

 

14:30   ちょっと遅くなったが、こちらで軽くお昼を~。今回も鶴喜で美味しいお蕎麦を~

Dscf0292_2 Dscf0295_2

帰りもJR比叡山坂本駅から京都へ~

 

 

 

17:33  京都発のひかり号で帰路へ~

今回の一泊旅、一日目は一人で、二日目は二人で行くことになったが、それぞれ見たいものも、やりたいことも違うので、趣味の合うところや宿だけ一緒にすることで、より自分が楽しめる旅行になったと思う。初めから別々の旅行をすれば、もっと自由に自分らしい旅ができるという話にもなるのだが、ここでは「夫婦で行く旅」を前提に。

聖地巡礼では、雪景色の延暦寺を体験したこと、京都では特別公開された寺院を拝観できたことなど、短い旅行だったが、この時期でしか味わえない、冬限定の面白い旅だった。    pen

 

 

 

 


|

« ◆京都・大津の一泊冬旅◆ ② | トップページ | ◆鎌倉散策  2月◆ 覚園寺・金沢自然公園など »

京都」カテゴリの記事

大津」カテゴリの記事

寺社」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆京都・大津の一泊冬旅◆ ② | トップページ | ◆鎌倉散策  2月◆ 覚園寺・金沢自然公園など »