« ◆東京の花見散策◆ ① 新宿御苑 | トップページ | ◆雨の桜見物バスツアー◆ ① »

2017年4月10日 (月)

◆東京の花見散策◆ ② 六義園・小石川後楽園

Dscf0325_2_600_x_600

高層ビルに囲まれた花見    小石川後楽園で

 

 

 

 

 

4/5    sun/午後からcloud

新宿御苑からJR新宿駅まで歩く。大都会の都心は、隙間なくビルに囲まれた道路を人と車が波のように動いていく。山の中で暮らしている者にとっては、10分ほど歩くだけでも神経の疲れを感じてしまう。(でも、それは歳のせいかな~)

新宿駅から山手線で駒込駅へ~train

 

13:10  JR駒込駅へ到着。そこから歩いて2,3分も行けば、六義園の染井門へ着く。

こちらは六義園の正門。染井門は混んでいたので、こちらから入ることに~~。

Dscf0223_2 Dscf0226_2

六義園は江戸時代に川越藩主・柳沢吉保が築園した大名庭園で、池を巡りながら景色を楽しむ日本庭園になっている。

 

 

 

 

周りを大勢の人に囲まれた大木のしだれ桜

Dscf0240_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0235_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0248_2_600_x_600

 

 

 

 

 

六義園には桜の木は少ないが、池を回遊する園路からは、美しい日本庭園を観賞することができた。

Dscf0273_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0295_2_600_x_600

 

 

 

 

 

さて、染井門から六義園を出た後、地下鉄南北線で飯田橋へ向かう。

14:30   飯田橋から10分ほど歩いて小石川後楽園に到着。

 

Dscf0299_2  Dscf0436_2

 

小石川後楽園は、江戸時代の初期に、水戸徳川家の江戸上屋敷に造られた日本庭園。この庭園も、六義園と同じように、池を中心に園路をめぐらせた「回遊式築山泉水庭園」となっている。二代藩主水戸光圀は作庭に際し、中国の名所に準えた景観を取り入れ、中国趣味豊かなものとなっている。

 

 

 

 

庭園の枝垂れ桜

Dscf0304_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0307_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0314_2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

園路を歩いて散策~。

朱塗りの通天橋(ここは京都風)と得仁堂

Dscf0334_2 Dscf0341_2

 

 

 

 

築山から庭園を眺める。

Dscf0349_2_600_x_600

周りには、東京ドームやビジネス街のビルが立ち並ぶ。

 

 

 

 

こちらも京都愛宕山の急坂にちなんだ愛宕坂

Dscf0374_2_600_x_600

通行禁止になっているが、降りるのはちょっと怖そう。

 

 

 

 

 

円月橋(こちらは中国風)

Dscf0367_2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

おかめ笹がつくる優雅な曲線

Dscf0384_2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

池と桜

Dscf0400_2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

静かな池の向こうからは遊園地とドーム球場から聞こえてくる歓声が~~

Dscf0410_2 Dscf0301_2

ほかの庭園では見られない風景かな。

 

 

 

 

それでも・・・ 

Dscf0350_2_600_x_600

 

 

大都会の中心にいることを忘れさせる風景が、ここにはあった。      pen






 


|

« ◆東京の花見散策◆ ① 新宿御苑 | トップページ | ◆雨の桜見物バスツアー◆ ① »

季節の花」カテゴリの記事

東京」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆東京の花見散策◆ ① 新宿御苑 | トップページ | ◆雨の桜見物バスツアー◆ ① »