« ◆雨の桜見物バスツアー◆ ② | トップページ | ◆山陰 鉄道の旅◆ ② »

2017年6月22日 (木)

◆山陰 鉄道の旅◆ ①

Dscf0082_2_600_x_600

Dscf0083_2_600_x_600

”特急やくも”と、車窓から眺める中国地方の最高峰”伯耆大山”


 

 

 

 

 

 

 

6/11    島根県はsun

本格的な梅雨のシーズンとなったが、2泊3日でクラブツーリズム山陰地方の鉄道旅に参加した。

新横浜 10:09発ののぞみに乗車。車内で添乗員さんや、東京から乗車のグループと合流し、合計24名(夫婦12組)の参加者だった。

13:14  岡山駅で下車。途中、、京都辺りまでは、小雨が降るような天気だったが、岡山に着くころには、雨の心配も無くなっていた。

岡山駅では伯備線の特急やくも15号に乗り継ぐ。

14:04発の特急やくもに乗車。

Dscf0073_2_600_x_600

この車両は381系振り子式電車だということだが、鉄道のことは詳しくないので、あとで調べてみると・・・。

381系電車は国鉄時代につくられ、カーブの多い路線でのスピードアップに対応した振り子式の特急電車ということ~。カーブの区間でも車体を傾け、高速走行できる振り子式だったが、車体が大きく揺れるため”列車酔い”をする人もいて、乗り心地の評判は良くないということだった。そのため、手洗いにはエチケット袋が用意されている。この日、昼食の弁当は特急やくもに乗ってから食べようと思っていたが、『この電車では止めた方が~』という添乗員さんのアドバイスを受けて、新幹線の中で済ませておいた。

倉敷駅を過ぎると、いよいよ、列車は日本海側へ抜ける山間の曲がりくねった線路を走っていく。トンネルを抜ければ、すぐ、またトンネルというぐらいに平らな土地は見当たらないが、時々、小さな集落が見えてくると、その背後には山上の方まで美しい段々畑が広がっていた。

米子を過ぎると、車窓には満々と水をたたえた中海と宍道湖が見えてきた。

 

 

16:50   玉造温泉駅で下車。

特急やくもの初乗車、初めのうちは、”列車酔い”を心配していたが、バスや車などより、揺れは少なく、乗り心地も悪くなかった。車窓の景色を楽しんでいたから、あまり揺れは気にならなかったのかも~。(^-^)

 

Dscf0100_2 Dscf0096_2_600_x_6002

 

 

 

 

玉造温泉駅から送迎バスで5分ほど走れば、今夜の宿泊先、長楽園へ到着~~。

食事の前に、まず、温泉だね~。今日は一日中、5時間近くも列車に乗っていたからね。ゆっくり入って疲れを取らないと~~(*^-^)

まず、最初に入ったのは混浴大露天風呂の”龍宮の湯”

Pg1_s2_600_x_600

プールのように大きくて、ちょっと泳ぎたくなるね~。”混浴”でも、使い捨ての水着があるから大丈夫。この後、もう一つ、館内の大浴場へ~。  いい湯だったね~~spa

 

食事の後には、旅館にある回遊式庭園を散策。

Img__600_x_600

 

 

旅館の入り口

Img_11 Dscf0102_22

旅館の写真はすべて、長楽園のHPから転写。

 

 

 

夜には、旅館の近くで安来節ショーもやっていたが、そちらはパスして、温泉街を少し歩いてみることに~。 

温泉街の真ん中を流れる玉湯川

Dscf0122_2_600_x_600

川の両側に旅館が立ち並び、川辺りには足湯などもつくられて、きれいに整備されている。

 

 

 

温泉街の道端には、出雲神話のオブジェが方々に点在する。夜の温泉街を散策しながら探して回る。

「根の国訪問神話」(左)       八十神の迫害神話(右)

Dscf0140_2 Dscf0142_2

 

 

「三種の神器」(右)          左側は玉造温泉のシンボル「姫神の像」

Dscf0171_2 Dscf0148_2

 

 

 

夜の散策、道端にライトアップされたオブジェや提灯が浮かび上がり、幻想的だった。それにしても今夜は冷える。横浜なら4月ぐらいの寒さかな~。温泉街にあった小さな酒屋さんで地酒を一本購入。  今夜はこれで一杯やってから寝るかな~~。

Dscf0156_2 Dscf0183_2

 

 

 

 

6/12    鳥取県はsun

8:00   朝食後、玉造温泉「長楽園」を観光バスで出発。今日は鉄道の利用はなく、一日、バスでの移動となる。

9:00   出雲大社へ到着。

出雲大社の参拝は20年ほど昔、家族旅行で来たことがあるので、今回で二回目。

 

初めに松の参道へ~。

Dscf0223_2_600_x_600

大型バスの駐車場から入ったので、この参道は歩いていないが、この先の神門通りの入り口に大鳥居がある。

 

 

 

 

続いて、神楽殿へ~~。

Dscf0215_2_600_x_600

家族旅行で来たときは、ここを参拝したことだけは覚えているが、あとはどこを見学したのやら、もう、記憶に残っていない。

今回は、神楽殿でツーリズムの参加者全員が昇殿参拝をすることになっている。拝殿に上がって席に着くと、お祓いの後、10分間ほどのご祈祷が行われた。最後は出雲大社の参拝作法「二礼四柏手一礼」で完了。『柏手をみんなに合わせないと・・・』なんて考えていたら、大事な願い事を忘れてしまった。  ま、いいか~、願い事するのは、後で、ゆっくり一人でやろう。

 

続いて、本殿へ向かう。こちらも本参拝ということで、八足門(やつあしもん)から本殿境内へ入っての参拝だった。(本殿境内は撮影禁止)

こちらは境内の外から撮った本殿

Dscf0264_2_600_x_600

 

 

 

 

最後に御朱印を~

Image0014_2_600_x_600

左が本殿、右が神楽殿。御本尊は無いので、御朱印だけ。ちょっと簡素だね~。

 

 

さて、出雲大社を見学後、バスは山陰自動車道を東へ走り、安来市にある足立美術館へ~。dash dash

続きは、◆山陰 鉄道の旅◆ ② で~~~。




 

 


|

« ◆雨の桜見物バスツアー◆ ② | トップページ | ◆山陰 鉄道の旅◆ ② »

山陰地方」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆雨の桜見物バスツアー◆ ② | トップページ | ◆山陰 鉄道の旅◆ ② »