« ◆山陰 鉄道の旅◆ ③ | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ② »

2017年11月30日 (木)

◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ①

Dscf0060_600_x_600

浄瑠璃寺(京都府木津川市)    三重塔と紅葉   

 

 

 

 

JTBの「奈良・京都 紅葉ハイライト3日間」というツアーに参加することに~。

11月26日(日)  横浜はsun  奈良はcloud時々小雨rain   

少し時間の余裕をもって早めに新横浜駅へ。9時開店の「たちばな亭」で昼食用のエビヒレ弁当を買う。

9:39発 のぞみ217号に乗車。東京から乗車の添乗員さんと挨拶をして、乗車券などを貰う。このツアーには、ほとんどが夫婦で参加しており、全部で30名ということだった。新幹線で京都まで行き、観光バスに乗り換えて奈良・京都の紅葉巡りをする行程になっている。正午前には京都駅に着くことになるが、車中で早めの昼食を~~delicious  エビヒレ弁当はまだ温かくて美味しかった。やっぱり出来立てがいいね~。

好天に恵まれ、冠雪した富士山が眺められた。

 

11:38  定刻通りに京都着。八条口を出てバスの駐車場へ~。今日から3日間とも、奈良交通の観光バスに乗ることに~。バスガイドさんも同じ人なるということだったが、若くて話の面白い人だったので、楽しくなりそうな予感~~。busdash  高速道を使って奈良との県境まで走る。

 

 

 

12:50  京都府の最南部、木津川市にある浄瑠璃寺へ到着。早速バスから降りて参拝に~。

寺の入り口(山門?) と 参道の近くにあったモミジ

Dscf0067 Dscf0071

浄瑠璃寺は、平安時代に建立された九体阿弥陀堂(国宝)が唯一残る貴重な寺院である。山門をくぐると、苑池を中心に西側に九体阿弥陀堂、東側に三重塔(国宝)を配した浄土式回遊庭園(特別名勝及史跡)が広がる。庭園にはモミジの木が多く配されており、紅葉の名所としても知られている。

赤く色づいたモミジが美しい。

Dscf0020 Dscf0025

お寺からの説明を受けた後、九体阿弥陀如来像を拝観する。本堂(九体阿弥陀堂)中央には一際大きい中尊像が、そして、その左右に四体ずつ阿弥陀如来像が座す。

 

お寺からいただいた拝観パンフより転写

Image0020_2_600_x_600

 

 

21歳だというバスガイドさんは仏像や寺社巡りが好きで、故郷山口県を離れ、奈良でバスガイドになったと言っていたが、車中でも仏像のすばらしさを熱く語っていて、好感が持てた。そんな仏女ガイドさんのお薦めだったのが、秘仏限定公開中の吉祥天女像だった。

お寺からいただいた拝観パンフより転写

Image00232_2Ee6694647296b053e2c897e206b7398c2_2

吉祥天女像は豊かな暮らしと平和を授ける幸福の女神。切れ長の目に上品な口元、穏かで優雅な表情だった~。


 

参拝の後は庭園の紅葉を見て回る。

三重塔と紅葉

Dscf0023_600_x_600

 

 

 

Dscf0037_600_x_600

朱塗りの三重塔が紅葉に囲まれて、さらに赤く燃え立つように輝いていた。

 

 

 

 

浄瑠璃寺の御朱印と拝観パンフ

_600_x_600

 

 

 

浄瑠璃寺から再び、観光バスに乗って移動。わずか2,3分ほど走っただけで奈良県へ入る。

 

 

 

14:30   この日、二つ目の見学場所になる奈良市西ノ京の「薬師寺」へ到着したが、バスから降りると細かい雨が降っていた。奈良の観光には何度も来ているが、薬師寺を訪れるのは、高校の修学旅行の時以来で、半世紀ぶり~~。┐(´ρ`)┌ワォォ~~

薬師寺は、奈良市西ノ京町に所在する寺院であり、興福寺とともに法相宗の大本山である。南都七大寺のひとつに数えられる。本尊は薬師如来、開基は天武天皇。平成10年に「古都奈良の文化財」の一部として、世界遺産に登録されている。

金堂と西塔~残念ながら、国宝の東塔は現在修復工事中で、平成32年に完成の予定だ。(写真左)

Dscf0085_600_x_600

 

 

 

薬師寺の公式サイトから転写~実際に拝観できたのは、金堂の薬師三尊像だけ。

東塔(左)              薬師三尊像(中)             聖観世音菩薩像(右)

Garan_toutou_2 Photo_hotoke_kondo Photo_hotoke_seikannonbosatu

いずれも白鳳時代に作られ、国宝に指定されている。

 

 

 

大講堂や期間限定公開の食堂(じきどう)の大壁画や玄奘三蔵院などを拝観して回る。

Dscf0080 Dscf0093

白鳳時代の伽藍は、兵火などで焼失したため、現在の建物のほとんどが今から40年ほど前に再建されている。どれも大きくて立派な建物ばかりだが、古都奈良というより京都の寺院を見ているような気分に~~。

特に食堂は、1000年前に焼失したものが、今年の5月に再建されたばかり。内部には、5年の歳月をかけて完成した阿弥陀如来像や仏教伝来の大壁画が飾られていた。見る人を圧倒するような大迫力の壁画はTVなどで紹介されていた。

 

 

 

色鮮やかな西塔と薬師寺の御朱印

Dscf00772 Image0024_2

 

 

 

薬師寺の拝観で今日の見学は終了。観光バスはJR奈良駅へ向かう。

16:00   奈良駅前にあるホテル日航へ無事到着。

「夕食は各自で~」と、なっているので、しばらく部屋で休んでから市街へ出る。三条通を歩いていると、なぜだか中華料理が食べたくなったので、旨そうな店がないか探していく。近鉄奈良駅の方まで歩いたが、なかなか中華の店は見当たらない。餃子やラーメンチェーンの店はあったが、やっぱりここは、地元の中華屋さんで食べてみたい。アーケードのある商店街まで行ったら、ようやく上海楼という中華の店が見つかった。いくつか注文したが、一番旨かったのは鶏の唐揚げ、ビールに最高~!食事の後はデザート~~。近くの和菓子屋さん、萬勝堂で豆大福と栗大福が半額に~!この際とばかり両方とも買ってホテルに帰る。甘さを抑えた上質なこしあん、渋皮煮の栗が入った大福~~至福の味わい~~delicious

10階の部屋の窓からは、奈良駅のホームがすぐ下に~。

Dscf01042_600_x_600

朝早くから動き回っていたので疲れたヨ~~  (´△`)Zzzz・・・。o○

 

 

◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ②  へ続く。

 

 

 


|

« ◆山陰 鉄道の旅◆ ③ | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ② »

京都」カテゴリの記事

奈良」カテゴリの記事

寺社」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆山陰 鉄道の旅◆ ③ | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ② »