« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ② | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ④ »

2017年12月 6日 (水)

◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ③

Dscf0395_600_x_600

Dscf03922_600_x_600

法隆寺  鏡池付近で~    見事に紅葉したモミジ(上) と 正岡子規の句碑(下)

柿くへば~ 昨日の夜も、今日の昼食でも、奈良の柿を食べたね~

鐘が鳴るなり法隆寺~  鐘の音は聞こえなかったが、モミジ(紅葉)撮るなり法隆寺・・かな。

 

 

 

11/27  奈良は午後も sun

13:30   生駒郡斑鳩町の法隆寺へ到着。南大門から入り、西院伽藍の五重塔、金堂の順に拝観していくのだが、伽藍の正面を見てちょっとがっかり。撮影スポットの中心になる中門が修理工事中だった。

『せめて動画のサムネイルには本来の景観を~』と思い、法隆寺のパンフから転写~。

仏女ガイドさんの説明、ちょっと棒読みもあるけれど、まだ2年目なんだもんね。これからも長く、元気に続けてほしいね~。

 

 

修学旅行生?と同じく見学コースに従って~

五重塔と金堂

Dscf0374_600_x_600_2

法隆寺を訪れるのは四度目になると思うが、この場所から五重塔を眺めたことだけは、いつでもよく覚えている。 

 

 

今回は金堂に注目。ガイドさんの説明にもあった裳階(もこし)と屋根の間には、軒を支えるいろいろな動物を見つけることができる。これは屋根を支えて、魔除けをするという邪鬼。写真左は象か獏のような動物?の邪鬼。

Dscf0379_2 Dscf0384

写真右は、こちらも軒桁を支える柱に災難除けの龍の彫刻が~。それぞれ四方に、昇り龍と下り龍が飾られている。

 

 

 

西院伽藍を出て、次は大宝蔵院へ~。run  大宝蔵院には、法隆寺に伝来する名宝が多数収められている。内部は撮影禁止なので、こちらを開いてどんな宝物を見てきたのか思い出そう。→法隆寺HP 大宝蔵院

国宝 百済観音像(法隆寺パンフより転写) と 御朱印

Image0031_3 Image0026_2

達筆すぎて読みづらいが、「和を以て、貴しと為す」。斑鳩宮を造営した聖徳太子が607年に法隆寺を建立したと伝えられている。(だが、太子の死後、50年ほど後に、法隆寺は落雷により、一屋も残さず焼失したと記録されている。現在ある金堂や五重塔は、708~714年に再建されている。)

 

 

 

大宝蔵院の次は、東院伽藍へ向かう。聖徳太子を祀る夢殿を拝観。

団体旅行の学生で混雑する夢殿

Dscf0399_600_x_600_2

50年も前に、自分も初めて訪れた頃を思い出す。maple   一緒に観て回ったアッちゃんがそばにいた。白黒の記念写真はどこへ行ったのだろう~。   遠い昔を夢で見ているような気分だった。

 

 

 

 

15:00  法隆寺を出発して、今日の最後の見学場所 奈良市菩提山にある正暦寺へ向かう。正暦寺の歴史についてはこちらから→正暦寺HP

バスを降りて歩く参道

Dscf0402_600_x_600

すでに陽は傾いていたが、最後の光を受けて木々の紅葉が輝いていた。

 

 

 

正暦寺福寿院   借景庭園の紅葉

Dscf0407_600_x_600

 

 

 

Dscf0414_600_x_600

 

 

 

 

福寿院の紅葉

Dscf0425_600_x_600

 

 

 

 

 

鐘楼付近の紅葉と御朱印

Dscf0435_2 Image0026_3

 

 

 

16:20   バスは正暦寺を出発して、奈良市内へ~~busdash

今夜の夕食はツアーに組み込まれているので、バスはそのまま食事の店へ向かう。車窓からは生駒辺りに沈む夕日ときれいな夕焼けが見えていた。

Dscf0443 Dscf0448

食事の場所は、奈良公園、一の鳥居前にある老舗料亭の”菊水楼”だった。(ブレブレ写真)

 

 

 

歴史のある建物で食べた会席料理、どの皿も美味~。特に美味しかったのが帆立の真蒸と〆の鰻茶漬けだった。

Dscf0453 Dscf0461

 

昨夜の中華から一転、今夜は上品すぎる和食になったが、旅の思い出に、こんな料亭の味も体験しておくといいね~。 delicious

 

 

◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ④ へ続く。

 

 

 




|

« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ② | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ④ »

京都」カテゴリの記事

奈良」カテゴリの記事

寺社」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ② | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ④ »