« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ① | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ③ »

2017年12月 3日 (日)

◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ②

Dscf0172_600_x_600

奈良県天理市  長岳寺    池に映る本堂と紅葉 

 

 

 

 

11月27日(月)   奈良はsun

8:30   ホテルのすぐ前が奈良駅の駐車場で、昨日と同じ奈良交通の観光バスに乗車。バスガイドさんも昨日と同じ、仏女のガイドさん。

今日は午前中に天理市の長岳寺と桜井市の談山神社へ向かうことになっている。奈良市街を出ると、バスは朝霧の中へ~~busdash

 

 

 

9:10   長岳寺へ到着。(クリックして長岳HPへ)

長岳寺は天理市柳本町にある高野山真言宗の寺院で、山号は釜の口山(かまのくちさん)。本尊は阿弥陀如来、開基は空海(弘法大師)とされる。日本最古の歴史の道といわれる山の辺の道のほぼ中間点に位置し、釜口大師の名で親しまれている。

本堂で阿弥陀如来を拝観して、お寺さんの講話を聞く。講話のほとんどは、秋に公開中の十王図(極楽地獄図)について・・・。我が身を顧み、人間道に入るのはちょっと無理かも~~。

講話の後は境内の紅葉を見て回る。   山から朝日が射し込む境内。

Dscf0141_600_x_600

 

 

 

 

放生池に映る紅葉

Dscf0169_600_x_600

 

 

 

 

 

楼門の紅葉

Dscf0181_600_x_600

 

 

 

 

 

御本尊の阿弥陀如来(長岳寺HPより転写) と 御朱印

Face Image0025_2

 

 

 

 

10:10  長岳寺を後にして、バスはさらに国道を南へ走る。道の途中では、古代遺跡に溢れる明日香村を通る。残念ながら今回のバスツアーは明日香村での途中下車はない。石舞台古墳も車窓から眺めるだけだった。

あっという間に通り過ぎた石舞台                紅葉の山々に囲まれた飛鳥の里

Dscf0207 Dscf0343

次の奈良旅では、ゆっくりと明日香村を回ってみたい。来年の春でもいいな~~。smile

 

 

 

10:50   談山神社に到着。    談山神社とは→談山神社公式HP

飛鳥時代からの歴史を受け継いできた神社なんだね~。中学生の頃、日本史の学習で習った”大化の改新”。中大兄皇子、中臣鎌足、蘇我入鹿など覚えさせられたな~。古代の歴史に思いを馳せながら、紅葉を見て回ることに~。

十三重塔と紅葉

Dscf0227_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0261_600_x_600

 

 

 

 

 

楼門と紅葉

Dscf0269_600_x_600

 

 

 

 

 

拝殿から見た紅葉

Dscf0290_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0305_600_x_600

紅一色に染まった拝殿からの眺めは圧巻~!

 

 

 

 

拝殿の下でも鮮やかな朱色が~~

Dscf0320_600_x_600

 

 

 

 

神社の境内には、どこも見事な紅葉が~~

Dscf0252_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0316_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0281_600_x_600

多武峰(とうのみね)という山の中にある談山神社は、紅葉の名所としてよく知られている。散り始めたモミジもあったが、隙間のないほどに紅葉に包まれた神社は、朱色の社がさらに赤く染まって最高だった。天気にも恵まれた~~。smile

 

 

11:50    談山神社を後にして、バスは斑鳩町の法隆寺へ向かう。途中の橿原市内で昼食に~。

昼食は柿の葉ずし                    談山神社の御朱印

Dscf0358 Image0025_3

 

 

 

◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ③ へ続く。

 



 



|

« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ① | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ③ »

京都」カテゴリの記事

奈良」カテゴリの記事

寺社」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ① | トップページ | ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ③ »