« ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ③ | トップページ | ◆新幹線【ひかり&さくら】で行く紅葉巡り◆ ① »

2018年11月11日 (日)

◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ④

Dscf0518_2_600_x_600

白河市 南湖公園    翠楽苑の紅葉

 

 

 

 

 

11/4    

南湖公園では1時間ほどの自由時間。いろいろと観て回ることはできないので、日本庭園の翠楽苑を見学することに~~

 

 

 

南湖から水を引いているのだろうか、翠楽苑の池と松楽亭

Dscf0463_2_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0464_2_600_x_600

この庭にも松の木が多く植えられている。  庭は池を回遊しながら鑑賞するように造られている。

 

 

 

 

刈り込まれた緑と紅葉

Dscf0478_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0485_2_600_x_600

 

 

 

 

 

いずれのモミジも木が大きく、見上げる高さ

Dscf0497_2_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0491_2_600_x_600

 

 

 

 

 

散策する園路は見事な紅葉に包まれて、錦秋の景色を満喫できる。

Dscf0489_2_600_x_600

 

 

 

 

 

Dscf0527_2_600_x_600

 

 

 

 

 

モミジだけでなく、いろいろな落葉樹の紅葉が楽しめる。

Dscf0506_2_600_x_600

松楽亭で抹茶を頂きながら庭を眺めてみたかったな~   バスツアーではちょっと無理か~┐(´д`)┌

 

 

 

 

11:30    バスは南湖公園を出発し、次の目的地「棚倉城跡」へ向かう。

棚倉城は江戸時代前期の1625年に丹羽長重によって築城された。所在地は福島県東白川郡棚倉町で、別名「亀ヶ城」と呼ばれているが、城は1868年に勃発した戊辰戦争により新政府軍の攻撃によって落城し焼失している。

20分ほどで亀ヶ城公園へ到着したが、公園ではこんなお祭りが行われていた。

Image0051Image0052_2

 

ここでの自由時間は30分ほどしかないので、ひとまず城跡を一回りしてみることに~

お城の周りには堀があり、噴水が上がっていた。

Dscf0534_2_600_x_600

 

 

 

 

 

本丸広場には祭りのテントが立ち並ぶ

Dscf0537_2_600_x_600

城の石垣をぐるりと一周してみたが、さほどの紅葉スポットを見つけることはできず、祭りも見ないうちに自由時間が終わってしまった。

バスに戻るとツアー参加のおばちゃんたちは手に手に、出店で買った食品を持ち帰ってきた。城址を見るよりこっちの方を優先させたんだね。でも、それが正解だったのかもしれない。

12:50  バスが次の目的地(昼食場所の道の駅)に着いたとき、その答えが出たのだ。

道の駅には野菜などの直売所のほかに食堂が二軒だけ。ここでの食事は各自が自由にとることになっていたが、二軒の店とも、入り口には長蛇の列が~

どうしたものかと迷っているうちにも列が長くなっていく。ここでのバス停車時間は1時間だったが、結局、40分ほども待って、食事は掻き込むように食べ、ぎりぎり時間内に終えるというひどい結果に~。こんなことなら、棚倉の食フェスタで美味しいものをテイクアウトしていれば、よかったのに~~ ちょっと後悔~ (u_u。

でも、このツアーの企画(クラブツーリズム:コース番号 27573)については一日目についてもクレームを書いたが、もっと現地の情報をおさえて企画してほしいと思う。添乗員は棚倉城でイベントがあることは全く知らなかったようだ。それに、紅葉シーズンの日曜日に、食堂が込み合うことくらい、誰でも予想できる。最初から時間を長くするとか、食事は予約にしておくとか、いろいろと手立てがあったと思う。

 

 

15:00   バスは最後の目的地、もみじ谷の吊橋に到着。今回のツアーではここだけが栃木県(那須塩原市関谷)になる。

早速、長~い吊橋を渡ってダム湖の上へ~

Dscf0566_2_600_x_600

橋の上から眺める紅葉   日が当たっていれば、もっと鮮やかだったのかもね~

 

 

 

 

吊り橋から見る紅葉だけでなく、駐車場の周りには色付いた楓が~

Dscf0584_2_600_x_600

 

 

 

 

Dscf0590_2_600_x_600



 

 

 

Dscf0597_2_600_x_600

 

 

 

 

 

16:10   バスは那須塩原の新幹線駅に到着。二日間の紅葉巡りの旅が終わった。

Dscf0604_2_600_x_600

17:02発のやまびこ号で東京へ~~

 

 

【旅行後記】

二日間とも好天に恵まれ、ちょうど見頃を迎えた紅葉を存分に楽しめる旅だった。福島県に紅葉を目的に行くのは初めてだったが、各地の紅葉名所を一度に巡り、とても充実した観光コースだったと思う。中でも、鶴ヶ城と南湖公園はとても印象深く、紅葉だけに限らず美しい景観が心に残っている。どちらも、もう一度訪ねて、ゆっくりと散策してみたい場所である。宿泊したホテル(ダイワロイネットホテル郡山)も設備が新しく、シングルでも十分な広さだった。旅行のパンフには、ビジネスホテルと案内されていたが、朝食バイキングも味のいい和洋のおかずがたくさん揃っていて満足できた。

この旅行で少し不満を感じた所は記事の中で、二点ほど書いてきたが、これは添乗員がもう少し細かな気配りをしていれば、改善できたことだと思われる。バスツアー中に見学場所を見て回るとき、添乗員が一度でも案内することはなく、バスの中で休憩しているだけだった。これでは、中の込み具合もわからず、見どころを落としてしまうツアー客も出るだろう。全行程を案内してもらいたいとは思わないが、せめて入口までは案内して、見どころの説明ぐらいはしてほしかった。

あんまりクレーマーみたいなこと言ってしまうと後味が良くないのでもうやめよう。今回の旅では福島県の中通りから南部の地域を周っただけだが、雄大な山々に囲まれた美しい自然があり、また、歴史的な遺産が残された町や村があった。観光スポットがぎゅっと詰め込まれた旅だったので、その分、自由時間も短くなってしまったが、磐梯山や猪苗代湖だけではない福島の魅力を見つけることができた。 

 

 

バスツアーのコースをマップで 

1_600_x_600

 

 

 

 

 

 
 
 

|

« ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ③ | トップページ | ◆新幹線【ひかり&さくら】で行く紅葉巡り◆ ① »

旅行」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

福島県」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ④:

« ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ③ | トップページ | ◆新幹線【ひかり&さくら】で行く紅葉巡り◆ ① »