« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ⑤ | トップページ | ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ② »

2018年11月 6日 (火)

◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ①

Dscf0221_2_600_x_600

会津西街道 大内宿   高倉神社の一の鳥居

 
 
 
 
 
 
 

久々の記事更新。前の記事から、もう一年ほど経っている。今年は旅行に出ることが少なく、2回ほど日帰りのバスツアーに参加しただけだった。そのバスツアーも期待したほどの見どころがなく終わってしまった。そこで、一泊旅がしたいと思い、クラブツーリズムの「福島の紅葉巡りと会津花火大会 2日間」という旅行に参加した。今回は訳ありの一人参加となった。 

 
 

11/3

東京駅に9:45に集合。10:12発 やまびこ207号に乗車。ツアー参加者は44名で男性の添乗員さんとの出発だった。

列車に揺られて眠くなったころに、早くも下車する準備を指示される。列車は11:32に新白河駅に到着、あっという間の新幹線だった。駅からは専用バスでの移動となる。最初に向かったのは、西郷村山間部にある紅葉名所の雪割橋だ。

30分ほどで到着し、バスを降りて歩くことになったが、道沿いには大型の工事車両が並び、高い橋脚が見えてきた。

Dscf0052_3 Dscf0053_2_6

紅葉の名所は新しい橋の建設工事中だった。見頃を迎えた紅葉だったが、ちょっと残念!

 

 

 

 

 

それでも反対側を見れば、橋から見える渓谷の紅葉は美しい。

Dscf0060_2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

橋の下にも色付いたモミジが~

Dscf0064_600_x_600

 

 

 

 

 

 

遊歩道を少し歩いて、雪割橋が見える展望台へ~

Dscf0077_600_x_600

渓谷を流れ下る水は阿武隈川の源流。

 

 

 

 

 

30分ほど紅葉観賞しただけで、急いでバスへ戻る。バスツアーは見学場所があっちもこっちも詰め込みになっているから忙しい。

西郷村の雪割橋から下郷町の大内宿へ。  移動の途中、道の駅で休憩を~。

展望のよい丘の上には標高861.41mと記された石標があった。

Dscf0087_600_x_600

 

 

 

 

 

連なる山々の雄大な景色と紅葉が美しい。

Dscf0083_2_600_x_600

 

 

 

 

 

天気がいいから、バイクでツーリングもいいね~~

Dscf0095_600_x_600

 

 

 

 

 

14:00  

バスは南会津郡下郷町にある大内宿に到着。大内宿は江戸時代に会津西街道(下野街道)の宿場として開かれた。 

   大内宿観光協会に🔗

 

 

美しい茅葺屋根の民家が立ち並ぶ景観は国の文化財に指定され、保存されている。

Dscf0107_600_x_600

この地に住む人たちも半農半宿だった昔の暮らしから、現在は土産物屋や蕎麦屋などの観光業に変わっている。

 

 

 

 

 

観光用かもしれないが、見事な干し柿。

Dscf0110_600_x_600

 

 

 

 

 

 

菊など秋の花々が通りを彩る。 

Dscf0131_2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

ホウヅキと茅葺屋根

Dscf0154_2_600_x_600

 

 

 

 

 

賑やかに観光客が行き交う通りから、一の鳥居をくぐり狭い路地へ入ると、そこには静かな村の暮らしがある。

高倉神社へと続く道

Dscf0208_2_600_x_600

 

 

 

◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ②  へ続く。

 






|

« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ⑤ | トップページ | ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ② »

旅行」カテゴリの記事

紅葉」カテゴリの記事

福島県」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ①:

« ◆奈良・京都の紅葉巡り◆ ⑤ | トップページ | ◆福島県の紅葉巡りと会津花火大会◆ ② »