« ◆卯の花月 富山の旅◆ ⑦ | トップページ | ◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ② »

2019年7月30日 (火)

◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ①

Dscf0054-2_600_x_600

湯殿山神社の大鳥居

 

 

 

5月に予約したJTBの国内旅行は7月18日出発「鳥海山・出羽 三山めぐり 3日間」だった。

催行日が他になかったのでやむなく、梅雨時の東北旅行となったが、さらに生憎なことに、出発の日には台風5号が九州へ接近中であった。

Spas_color_201907180300_20190805193201

 

7月18日   横浜は曇り ⛅   

8:20   東京駅集合   新幹線の時刻が遅かったので、朝食のサンドイッチを買うゆとりがあって助かった。

8:56発   やまびこ129号に乗車。

10:30   JR福島駅で下車。ここから三日間観光バスでのツアーになる。バスは山形県の庄内交通だった。

福島から~東北中央道~山形道を通って湯殿山へ向かう。

湯殿山までは2時間以上かかるので、車中での昼食に配られたのは”山形牛肉弁当”。  右はお世話になった庄内交通のバス。

Dscf0006-2Dscf0002-2 

山形牛の駅弁は人気があるが、この弁当も、味付けが良くて美味しかった。~😋 

 

 

13:10  バスは湯殿山へ到着。

~湯殿山は古来より山岳信仰の対象とされており、同山の薬師岳の北の中腹の川沿いにある湯殿山神社は五穀豊穣や家内安全の御神徳があるとされている。この神社は、社殿も拝殿もないという点が大きな特徴である。なお、湯殿山神社の御神体は、温泉水が湧出する場所にある茶褐色の巨岩で、この巨岩には、温泉水の影響により生じた水酸化鉄がウロコ状の塊となって付着している。御神体であるこの巨岩は、「三山奥ノ院」とされる。

湯殿山神社とその周辺の詳細については、「語るなかれ、聞くなかれ」とされており、松尾芭蕉も『おくのほそ道』における湯殿山の部分については、「総じてこの山中の微細、行者の法式として他言することを禁ず。よって筆をとどめてしるさず」と記し、「語られぬ湯殿にぬらす袂かな 」と句を詠むのみにとどめている。~   Wikipedia ”湯殿山(山形県)” より引用

ということで、カメラの撮影も本宮域からは禁止となっていたので、その入り口までに。

大鳥居のある駐車場からは、参拝バスで1キロほど離れた本宮へ向かう。

本宮入り口に着いた参拝バス            参道入り口にある”願い牛”の碑

Dscf0030-2 Dscf0027-2

 

 

ここから本宮までは山道の石段を10分ほど歩く。

本宮の御神体は湯殿山神社の中でも一番の聖域とされており、土足での参拝は禁じらている。靴や靴下を脱ぎ、裸足になって進み、お祓いを受けてから御神体の参拝となる。温泉水の流れる岩の上を歩いて参拝コースを巡るが、かなり熱い温泉が出ているところもあり、転けない様に注意したい。「熱いと感じるようでは修行が足りん!喝っ!!」 こんなお告げをされているような~~😓

それにしても、大自然に抱かれた神聖な場所で、地球のエネルギーを感じながら参拝する、こんな体験ができるのは湯殿山のほかにはないだろう。「語るなかれ、聞くなかれ」という戒めがあったのに、ちょっと語り過ぎてしまったかな…。 それでは本宮参拝の様子はここまでに~。


湯殿山神社 本宮でいただいた御朱印は見開き両面

Image0021-2  

 

 

 

14:30  観光バスは湯殿山を下り、鶴岡市のあつみ温泉へ向かう。🚌💨 

山形と新潟の県境にあるあつみ温泉は6月18日に発生した震度6弱の地震で、温泉旅館などがしばらく営業できなくなっていた。

今夜、宿泊する萬国屋旅館でも瓦屋根の一部が落ちるなどの被害が出ていたが、一ヶ月たった今では、ようやく営業ができるようになっていた。

老舗の旅館 萬国屋だが、現在もまだ一部は修復工事中~

Dscf0070-2 Dscf0063-2

 

 

 

夕食までに時間があったのでゆっくりと温泉に浸かった後、旅館前の川沿いを散策~  今日は一日中曇っていたが、雨には降られず良い旅日和になった。

近くにあった酒屋さんを覗くと~~

Dscf0075-2 Dscf0074-2

地酒三種の飲み比べ 500円~  もうこれは食前酒ですね~。お土産にはすっきりとした後味の「摩耶山」と「有加藤」の2本を購入。

 

 

さて、旅行の楽しみの一つはやっぱり食事~   団体旅行の和風会席を食べるのは久しぶり~😋

食事の前に添乗員からひとつ連絡が~  それは、このJTBのツアーも下のキャンペーンの対象になるということだった。

Tsuruokafukkou

二人分で6000円の割引~!(^o^)   これはビールと日本酒、追加だね~~!🍺

Dsc_0002-2 Dsc_0014-2

山形牛のしゃぶしゃぶや刺身の舟盛りなど、いろいろな料理が出たが、自分の好みではスープのパイ包みが一番美味しかった。

 

ちょっと飲食のレポートが多くなってしまったが、ひとまず一日目の記録はここまでに~。

 

旅の続きは ”◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ②” で~~。

 

 

 

 

|

« ◆卯の花月 富山の旅◆ ⑦ | トップページ | ◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ② »

旅行」カテゴリの記事

バスツアー」カテゴリの記事

出羽三山」カテゴリの記事

山形県」カテゴリの記事