« ◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ④ | トップページ

2019年8月30日 (金)

◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ⑤

Dscf0490-2_600_x_600_20190830142201

羽黒山の国宝五重塔

 

 

 

 

 

羽黒山山頂では、まだアジサイの花が咲く

Dsc_0253-2_600_x_600

 

 

 

 

 

 

 

7/20    山形県羽黒山は小雨 🌧

宿坊「奥井坊」で精進料理を頂き、いよいよ旅の最後の目的地 羽黒山 出羽神社へ~~🚶‍♂️

Dscf0454-2_600_x_600

残念ながら雨の中の参拝に~~

 

 

 

 

 

 

出羽三山神域への表玄関  随神門へ~~

Dscf0457-2_600_x_600

随神門を入ると参道は長い下りの石段となり、杉木立に覆われた山内は、静寂で神聖な別世界~ 

 

 

 

 

参道を下ったところには小さな社が点在する。

Dscf0471-2Dscf0478-3

秡川にかかる神橋(右)


 

 

 

神橋のすぐ近くにある 須賀の滝

Dscf0522-2_20190831122801Dscf0484-2_20190831122801

(右)爺杉。羽黒山内で随一の巨木。樹齢およそ1000年。

 

 

 

 

 

爺杉からしばらく参道を歩くと、見上げるような杉木立の中から、優美な五重塔が姿を現す。

Dscf0506-2_600_x_600

 

 

 

 

 

現在、羽黒山では「五重塔内部特別拝観」が行われている。

特別拝観になっているのは一階と二階部分

Dscf0493-2_600_x_600

 

 

 

 

二階から見る内部構造

Dscf0497-2_600_x_600_20190831125101

中心部が心柱。最上層の屋根の上にある相輪を支えている。

 

 

 

 

五重塔から羽黒山頂まではかなり歩くことになるので、一旦、随神門へ戻り、バスで山頂の駐車場へ~🚌💨

14:00  羽黒山頂にある出羽三山神社への参拝に向かう~

 

 

 

 

鐘楼と出羽神社参集殿

Dsc_0230-2Dsc_0240-2

鐘楼の大鐘は東大寺・金剛峯寺に次いで古く、大きいそうだ。

 

 

 

 

出羽三山神社   三神合祭殿

Dsc_0213-2_600_x_600

厚さが2mを超える茅葺屋根の下に、三戸に分かれた大扉の祭殿がある。

 

 

 

 

三神合祭殿の正面   三つの扁額

Dsc_0228-2_600_x_600

湯殿山や月山は、冬季の参拝や祭典ができないため、ここで一緒に合祀できるようになっている。

 

 

 

 

 

出羽三山神社の御朱印は見開き両面

Image0024-2

 

 

五重塔の御朱印

Image0023-2

 

 

 

 

 

 

参道の途中には芭蕉像の石碑と句碑が~

Dsc_0250-2Dsc_0251-2

 

石碑は「でん六豆」の創業者 鈴木伝六が寄進したものである。  句碑には次の三句が刻まれている。

凉しさやほの三日月の羽黒山
加多羅禮努湯登廼仁奴良須當毛東迦那
(かたられぬ湯殿にぬらすたもとかな)
雲の峯いくつくつれて月の山

 

 

 

15:00    バスは羽黒山を出発し、山形駅へ向かう。 

16:30   JR山形駅へ到着。3日間のバスツアーはここで終了となる。

新幹線の出発まで、かなり待ち時間があるので、駅ビルの中でお土産などを調達。

晩生品種のサクランボを売っていたので、これをお土産に~。あとは、おこわおにぎりやサンドイッチなど…

 

18:04発 つばさ156号に乗車。  20:48 東京駅に到着。

22:30頃に、無事帰宅。三日間の東北旅行が終了。

 

 

 

<旅行後記>

出羽三山を巡る旅は、去年ぐらいから行ってみたいと考えていた。個人的に旅行を計画するのは大変だから、いろいろな旅行社のパンフを見ながら検討した結果、今回はJTB旅物語の「月山・鳥海山散策と出羽三山めぐり3日間」に参加することにした。新幹線と観光バスを使って、海から山までぐるりと回るこのツアーは、自分で計画するのはかなり難しいと思う。その反面、観光する時間が短くなったり、日程を自由に選べないこともあるが、これは致し方無い。

今回の旅行は大きく二つの内容に分けられている。一つは出羽三山の参拝で、もう一つは月山と鳥海山の湿原散策だ。出羽三山の参拝では何所も荘厳な自然に囲まれて、神聖な雰囲気に包まれていた。東北地方という地域性もあるのだろうか、あまり商業化、観光化されておらず、今も多くの信者が修行し登拝する神社であることも、さらに訪れた甲斐があったように思う。

もう一つの湿原散策は、最近のバスツアーでも人気のコースになっているらしいが、ブナの自然林の中を~、さらに高山植物の咲く湿原を~歩き、いつもの朝散歩とは全く違った空気を吸いながら、健康づくりができたと思う。天気にはちょっと恵まれず、山が雲に隠れてしまったことは残念だった。それから、このツアーでは添乗員やバスガイドから、散策コースの地図や神社のパンフなどが一切配られなかった。どこを歩けばよいのか分からない場面もあったので、これはぜひ改善してもらいたい。但し、旅行後にネットで調べてみたが、弥陀ヶ原湿原や出羽三山神社のガイドマップなどはほとんど見つけることができなかった。このあたりは地域の観光課などでもう少し努力してもらいたいところだね~~。 

〇十年も昔、山形に住む相方の親戚を訪ねた折、羽黒山や、酒田市内を案内してもらったことがあった。義叔父様には五重塔へ連れて行ってもらったが、当時の写真や記録もなく、印象に残った記憶がない。酒田では、もう亡くなられた義叔母様と秋田までドライブに出かけ、竿灯まつりを見てきた思い出が甦ってきた。別れの朝には、義叔母様が作ったお弁当を我々に持たせてくれた。マイカーで帰る途中、山中のきれいな河原でそのお弁当を頂いた。なんと美味しかったことか…    結婚して間もないころの懐かしい思い出だ。

山形や秋田の山道をバスで走りながら、当時のことをふと思い出す旅になった。   

 

 

 

|

« ◆出羽三山巡りと湿原Walking◆ ④ | トップページ

バスツアー」カテゴリの記事

出羽三山」カテゴリの記事

山形県」カテゴリの記事