« ◆いたち川 ⚶⚶ 川辺の道を散歩◆ ② | トップページ | ◆田浦梅の里を訪ねて◆ ② »

2020年2月23日 (日)

◆田浦梅の里を訪ねて◆ ①

Dscf0530-2_600_x_600

田浦梅の里 芝生広場から東京湾を遠望

 

⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶  

新型コロナはいよいよ感染拡大期に~! 薬局に行ってもマスクも無い消毒液も無い… どうするの!!😠

自宅に残っている物が少しはあるけれど、3月になれば無くなってしまうね。 中国人がマスクの買い占めをしていた頃は、「日本は大丈夫~」と思って危機感がなかったんだね。今は、中国から「日本は大丈夫か?」「しっかり予防しろよ!」と心配される立場になっているからね~。 

一般市民の予防対策は、普段の健康管理に加えて、手洗い、マスク、消毒など・・・あとは人混みにはなるべく行かないこと…と言われても…みんな仕事もあるし、買い物だって行くし、家の中に閉籠りということは不可能だからね。

gobuのような高齢者は特に注意が必要と言われているけれど…  家でテレビばかり見ていると、ますます不安になってしまう。

ならば、やっぱり、外へ出て気分転換を~~  ということに。

   

⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶ ⚶  

 

2月21日(金)   横浜も 横須賀も 🌞

11:00  港南台駅を出発。大船駅で横須賀線に乗り換え、11:40 JR田浦駅で下車。

途中の逗子駅からは4両編成の電車に乗り換えたが、ローカル横須賀線になるんだね~。

そんな雰囲気のJR田浦駅    

Dscf0311-2Dscf0648-2

駅の向こう側には一つだけ大きな高層住宅があったが、駅前商店街は見当たらなかった。

 

駅のすぐ近くを通るR16号へ出ると、田浦梅林→という案内が次々と標示されていた。お陰で迷うことなく歩いて、梅林の入り口へ~~

梅林へはここから山を登って行くことになるが、その前にちょっと地図を開いて~    田浦梅の里マップ

 

R16号沿いの生花店から左へ曲がり、往きコースの道を歩いて行く~

Dscf0319-2Dscf0338-2
急斜面に長い階段が続く御嶽稲荷神社~

 

さらに先へ進むと、京浜急行のガードが~

Dscf0353-2Dscf0358-3
ガードを潜ろうとしたら京急の電車が~   ガードを通って、しばらく歩くと、また電車が~

この後、狭い路地を進んで行くが、至る所に案内があり、迷うことがない。

Dscf0356-2Dscf0362-2


奥まで進んだ狭い路地は山を登る急階段へと続く。 💦

上がってきた階段を見下ろすと、あまりの急斜面にちょっと足が竦む~

Dscf0368-2Dscf0383-2

でも、見晴らしは抜群! 歩いて来た道や電車の線路も見える~

 

 

 

この辺りは旧田浦梅林と言われている場所。 凄い所に梅の木が~ 

 Dscf0371-2_600_x_600

 

旧梅林からさらに山頂へ上がる階段には大きな鳥居が~

Dscf0379-2_600_x_600

 

大きな樫の木の下に祀られた”大六天神” と  「田浦梅林発祥之地」の石碑

Dscf0388-2Dscf0386-2_20200224220901


12:30 山の上にある休憩所へ到着、お茶を飲んでひと休み~。  でも、この辺りの梅は花がほとんど咲いていない。

Dscf0395-2Dscf0409-2_20200225155601

まだ、これから~ それとも、もう、終わってるの~    どっちだろう…?

 

そんな中、一本だけ紅梅の花が咲いていた。

Dscf0400-2Dscf0406-2


休憩した後は、石畳の遊歩道をさらに上がっていく~

緩やかに上る遊歩道をゆっくりと進めば、春を告げる水仙の香りもほのかに~

Dscf0478-2_20200225175201Dscf0507-2


何故か、山を上がるほど梅の花はたくさん咲いていた。 白梅にもいろいろと種類があるのかな~

Dscf0510-2Dscf0496-2


ようやく山頂の芝生広場へ~~💦

 

 

この続きは ◆田浦梅の里を訪ねて◆ ② で~

 

 

 

 

|

« ◆いたち川 ⚶⚶ 川辺の道を散歩◆ ② | トップページ | ◆田浦梅の里を訪ねて◆ ② »

季節の花」カテゴリの記事

横須賀」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事