« ◆ハイキングコースを散歩◆ | トップページ | ◆UME+SAKURA=ATAMI 2α◆ ② »

2020年2月 6日 (木)

◆UME+SAKURA=ATAMI 2α◆ ①

Dscf0152-2_600_x_600

熱海梅園で早春の花見を~

 

タイトルの UME+SAKURA=ATAMI 2αとは →→  ダジャレで 「梅と桜は熱海にあるふぁ」 くだらないね~

 

2月5日(水) 🌞

前日の4日に『そうだ、熱海に行こう! JR東海道線に乗って~』と、突然、思いついた。「行くなら天気のよい明日が一番!」ということになり、熱海への小さな旅が始まった。 

 

8:00  港南台から京浜東北線で大船へ~

8:10発の熱海行きが5分ほど遅れて来たので、待ち時間なしですぐに東海道線に乗り換え~

藤沢 → 辻堂 → 茅ヶ崎 ・・・・・ 小田原 ・・・・・ 真鶴 → 湯河原 → 熱海  🚞🚃🚃~~

久々の東海道線下り。初めは混んでいた車内も平塚を過ぎると、急に空席が多くなり、なんだかローカルな雰囲気に~ 

小田原を過ぎると、すっかりローカル線、いいな~この変化。  早川~根府川~ 朝日に輝く相模湾を眺めてのんびり~~ 

城ケ島の穏やかな海もよかったが、走る列車の車窓に時々ぱっと広がる青い海は迫力があり、新鮮な驚きすら感じるね~。

 

9:15  熱海駅に到着。 1時間ほどの快適な電車の旅だった。

 

熱海の駅を訪れるのはたぶん、二十数年ぶりになるだろう。 改札の辺りには昔の面影が残っていたが、駅の外観はすっかり新しくなっていた。 

Dscf0001Dscf0005

バス乗り場へ着くと”熱海梅園行き”のバスが停車中。急いで乗車するとすぐに出発! ここでも待ち時間なし~😄


 

 

9:50  バスは海岸線をぐるりと回って熱海梅園へ到着~~

梅園入り口で入園料 1人300円を払い、公園のパンフを貰う。  梅園マップ - baienmap.pdf

 

入り口正面にある石碑と梅

Dscf0016-2_600_x_600_20200207154401


 

 

縦に長い梅園を園路に沿って上っていく。

Dscf0044-2_600_x_600_20200207162601

 

 

 

梅の花を少しアップで~

Dscf0047-3Dscf0062-2Dscf0084-2Dscf0059-2_20200207163101

右下は蝋梅と白梅





『午前中は春のような陽気に…』という予報通りのお天気に~~

Dscf0065-2_600_x_600_20200207164801

 

 

 

 

ちょっと動画でも~ 

 

 

 

公園内を流れる初川にかかる橋は”梅園五橋”と呼ばれている。

Dscf0101-2Dscf0090-2

園路には露店も並ぶ~



 

 

梅の木の根元には、水仙の花が寄り添うように…

Dscf0117-2_600_x_600_20200207172501

 

 

 

 

見晴台から梅の花見を~~

Dscf0141-2_600_x_600

 

 

 

 

この辺りには、もう満開の紅梅も~~

Dscf0146-2Dscf0150-2



 

  

 

猿まわしをやっていたが~ 

 

小さな子ザルがちょっとかわいそう~ 

 

 

 

見晴台からさらに園路を進むと、「中山晋平記念館」があった。 作曲家”中山晋平”の記念館がどうしてここにあるのかはこちらのサイトで~

Dscf0160-2_20200208155601Dscf0196-2_20200208155601



 

記念館には愛用したピアノや作曲した楽譜などが展示されていた。 

Dscf0164-2Dscf0178-2_20200208162001

 

 

 

有名な童謡などを作曲  


シャボン玉  

ゴンドラの唄 

 

   

記念館になった別荘は、この縁側が最高~!   こんなガラス戸の縁側、お洒落だね~

Dscf0173-2_600_x_600_20200208163001

 

Dscf0187-2_20200208163101Dscf0190-2
 

 

ちょっと長くなったので、この辺りでひと区切り。 

続きは  ◆UME+SAKURA=ATAMI 2α◆ ② で~~

 

 

 

|

« ◆ハイキングコースを散歩◆ | トップページ | ◆UME+SAKURA=ATAMI 2α◆ ② »

旅行」カテゴリの記事

季節の花」カテゴリの記事

静岡県」カテゴリの記事